[WP自作テーマ] P4C Kansaiテーマ開発

デザイン

P4C in schools KANSAI – JAPAN」様のサイト制作を担当させていただきました。こちらはWordPressのオリジナルテーマ開発になります。通常のサイト開発よりもややコンテンツが多いという特徴がありますが、テーマ開発+コンテンツ整備を含め、2ヶ月/人くらいの規模でスタートしました。

この開発で力を入れたのはWordPressの既存機能を活かした自由度の高い設計です。また、どんなユーザでも簡単に運用できるシンプルな構造になっており、使っているうちに自然とWordPressの基本機能を習得できるようになっています。

プラグインに頼らない設計

特に気を配ったのは、なるべく運用をシンプルにするために、外部のプラグインに頼らない設計にしたことです。このためにいくつかの機能を自力で開発する必要がありましたが、長期的な運用の面においては多数のメリットがあると考えています。

まず、更新を行うユーザはWordPressの機能を使いこなすことだけに集中すればよく、プラグインが提供する多種多様な機能まで習熟する必要がありません。管理者も余計なプラグイン更新に起因する不具合に悩む必要がなく、WordPressの自動更新の影響だけを考えるだけで済みます。

またテーマ自体がプラグインに依存しないため、PHPの記述もWordPressの基本に沿ったシンプルなものとなっています。さらに、カスタムフィールド等の複雑な設定も一切ないため、他のWeb開発者に引き継ぐのも容易です。

テキストベースのデザイン

デザインに関しては前身となるサイトのシンプルさを踏襲する形で進めさせていただきました。サイトの性質上、有料素材を用いてビジュアル的に美麗なものを作るのではなく、テキスト中心で分かりやすく情報を伝えることを優先しています。

ただ、テキストベースのサイトは見た目が単調になりがちなので、一覧表示のときにカテゴリ表示がカラフルなグラデーションになるようにするなど、ワンポイントの華やかさを工夫してみました。サイト自体は必須でない機能は極力省いたストイックな構造になっていますが、フォントやブロックに丸みをもたせるなどしてソフトな印象にしています。
(諸事情により現時点ではレスポンシブ対応はしていませんが、将来的に対応するかもしれません)

コメント

この記事へのコメントはありません。

naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. 第13回 Wall Street Journalを読む会:アメリカで実体経済と株価が乖離している理由とは?

  2. UAの二重計測問題の確認方法と解決策:UAとGA4を共存運用+All in One SEOで連携してる人は注意

  3. 初めてのWordPressテーマ選び、美麗デザインを購入するときは設定の難易度に気をつけて

  4. 第12回 Wall Street Journalを読む会:景気低迷でも失業者が少ない?謎現象のカギを握る国とは…

  5. WordPressでブログ始めたい人のために、収益系ブログと個人系ブログを比べてみた

次回のWSJ会開催@Peatix

アーカイブ

TOP