初めてのWordPressテーマ選び、美麗デザインを購入するときは設定の難易度に気をつけて

WPビギナー

ブログデザインが美しい方が読者にインパクトを与えられる、と思うかもしれません。
だけど、長年個人系ブログをやってきて感じるのは「ブログの外観と読者数の伸びは何の関係もない」ということです。特に、初めてWordPressブログに挑戦する人にとって一番の落とし穴が「テーマ選び」なので、ちょっと注意喚起させてください。私からの厳選版おすすめテーマも紹介します。

なぜ私たちは有料テーマを買うのか?

その前に、WordPressのテーマって何?という話から。

ブログの外観は、基本的には簡単に変えられるようになっています。
たとえばアメブロのような無料ブログの場合、大量にあるデザインから気に入ったやつを選んで着せ替えできます。WordPressもそれと似たような仕組みになっていて、何千もある公式無料テーマから気に入ったやつを選んで適用すれば同じように着せ替えできます。

が、なぜか日本のWPブログ界では誰も公式テーマは使わず、国産の有料テーマがバカ売れしています。なぜ私たちは、わざわざ高いお金を出して有料テーマを買うのでしょうか?

その理由は、日本独特のアフィリエイトブログの普及率の高さにあると思っています。アフィリエイトでは記事に特定の広告を載せて、読者がその広告経由で成約に至ることでブログ主に報酬が入る仕組みなので、読者にポチらせるための視覚的な仕掛けに人気が集まります。たとえば目次を使って欲しい情報にピンポイントで誘導する、ふきだしキャラを使って親しみやすさを演出する、サムネ付きのリンクカードでサイト内を回遊させる。。。などです。

このような凝った演出は、海外で作られたWP公式テーマではまず使えません。さらに、海外製の公式テーマはアルファベット前提の設計になっている事が多く、日本語を使うと微妙にしっくり来ないことも。
そこで「海外製がだめなら、国産の無料テーマを使えばいいじゃないか!」という話になるのですが、日本のアフィリエイターが納得するだけの機能を備えた無料テーマとなると、ほぼCocoon一択です。

でも「無料はいいけど、Cocoonはちょっと好みじゃないなぁ」「もっとこだわりのデザインにしたい」「有名ブロガーと同じ機能を使いたい」。。。と思う人もいます。そうなると、SWELLとかJINみたいな実績のある有料テーマを検討することになります。

達人情報を鵜呑みにしすぎないで

そうやって、多機能な有料テーマが普及すると何が起こるか。
あちこちのブロガーが「WordPressの有料テーマは◯◯が絶対オススメ!」みたいな記事を量産することになります(「WordPress おすすめテーマ」で検索すれば、そういう記事がわんさか出てきます)。

もちろん、これからマネタイズを目指すビギナーは、先輩ブロガーおすすめのテーマにしておけば間違いありません。
でも、ちょっと気の毒だなと思うのは、純粋に趣味の日記ブログを綴りたいだけなのに、ネットでググった達人情報を鵜呑みにして「そうかー、WordPressでブログをやるからには◯◯を買わないといけないのかー」と、よくわからないままにオーバースペックな有料テーマを買ってしまうケースです。

なかでも、いちばん気の毒なパターンは、デザインにこだわる研究熱心なビギナーさん。
「どうせお金出すんだったら、最高にカッコいいテーマを買おう」って考えてしまうから。
そういうビギナーさんはヤル気にあふれていて研究熱心なので、数多くの国産テーマのデモサイトを比較し、厳選に厳選を重ねて、これだ!と思ったテーマを購入するわけです。

ここで陥る一番の問題は、「知識も経験もナシでデザイン性だけを求めると “デモサイトの外観” しか判断基準がなくなる」ということです。その結果、やたらアニメーション効果が凝っていて動作が重いテーマとか、設定が必要以上に複雑で初心者には使いこなせないテーマとか、自動更新機能がなくて手動で更新しなければならないとか、およそビギナー向けとは思えない代物に手を出してしまうことに。

余談ですが、そういう初心者の手に負えないテーマもアフィリエイトの対象になっています。成約目的で、知りもしないテーマについて「初心者におすすめ♪」などと無責任な記事を書くブロガーさんも多いのでご注意を。
あと、テーマを販売する会社もビジネスでやってるので、全然初心者向けじゃないのに「初心者でも簡単に設定できます」などとアピールしていることが多いです。そりゃ開発者から見たら簡単でしょうけど、この売り文句はモヤッとしますね。

(本当の初心者は、設定マニュアルに「メインビジュアルの画像をアップロード…」などと書かれているだけで戸惑うものです。そのくらい馴染みのない人でも使える設計でない限りは「初心者でも〜」という言い方は語弊があると思います)

ビギナーさんのほうも、初めてのWordPressを立ち上げるのにサーバ代とか初期費用がかかってます。そこにきて、よく分からない有料テーマに1〜2万円も出して買うなんて、けっこう勇気の要ることだったはずです。「ちょっと高いけど、これさえ入れればデモサイトのような素敵なサイトが出来る!」と信じてポチるわけですよね。

それなのに、ワクワクしながらインストールしたあとに直面する現実ときたら。。。
「設定項目が多すぎて爆死」「マニュアルが何ってるか分からない」
「変な所をいじって壊してしまうのではないかと心配」
こうした壁にぶつかって、結局WordPressそのものを挫折。。。というケースが多々あるのはすごく残念だなと思います。

どうしてもテーマ設定に困ったら

購入したテーマが思ったより難しくて設定できなかった時、どうすればいいか?
身近にWordPressに詳しい友達がいればいいんですが、まわりに頼れる人がいない場合、我々のような専門家に依頼することになります。いちばん安上がりな方法は、WordPressごと専門家にあずけて設定を代行してもらうことですが、デザインの融通がきかないことも多く、料金もそれなりです。

もう一つの方法は「自分好みの外観に仕上げたいから、テーマ設定をマンツーマンで教えてください」というケース。これはもう、WordPressの仕組みを全く知らない人にゼロから説明しながら設定していくことになるので、かなり時間がかかります。
しかも、教える方にとっても初見となる珍しいテーマとかだと、そこそこ難易度の高い仕事になることはお伝えしておきたいです。なぜなら、教える側も(使ったことないテーマの)マニュアルを熟読したりして、セッション前にかなり時間をかけて予習&準備しないと教えられないからです。

中には、あまりにも設定が複雑で、教えながらの設定だけで軽く5時間以上かかるような中上級者向けテーマもあります。ココナラ価格で1分100円で教えたとしても3万円以上かかる計算です。このように、ビギナーさんが無責任情報にだまされて難易度の高いテーマを選んでしまうと、テーマ料金より遥かに高くつくことにもなりかねないんです。。。

なので、もしこれから初めてWordPressのテーマを選ぶという人がいたら、
「単なる日記ブログなら無料のLION BLOGで十分。無料でアフィリエイトしたいならCocoon一択。有料テーマがいいならSWELLにしとけば間違いなし。SWELLかぶりがイヤならJIN。それ以外のテーマは自己責任で」
と、お伝えしております(※)。

※ビギナーにSWELLをお勧めする理由は、インストール直後にそのまま記事を書き始められるくらい外観が整っているからです。(真面目に設定すれば時間かかりますが、それを後回しにできる点を評価しています)
※そういう私は、このブログではTCD Muumを使っています。中級者以上であればどうということはないテーマですが、ビギナーさんの一発目のテーマとしてはおすすめしません。

もし、こうした事情を知らずに難易度の高いテーマを買ってしまってお困りの場合は、とりあえず専門家に相談してみてください。そこまで予算がない場合は、(自力での設定は一旦あきらめて)Cenoteみたいに極限までシンプルなWP公式テーマに切り替えて、早めに記事を書き始めることも視野に入れてみてください。

読者はデザインなんか気にしていない

そもそも、ブログのデザインが良ければ読者が増えるわけではありません。
かなり古い外観のブログでも、何年もしっかり継続更新されているものは驚くほど読まれています。逆に、最先端をいくお洒落なブログでも読者数が伸びず苦労している、ということはザラにあります。

なぜ、見た目がキレイなブログなのに読まれないのか?
自分が読者として他の人のブログを読みに行ってる時の心境を考えれば分かると思うんですが、読者のほうは記事の中身にしか関心がないので、そのサイトの見た目が良いかどうかなんか1ミリも気にしてないからです。

それに、新規の読者の多くは検索エンジンからの流入です。検索結果を見た段階では、サイトの見た目など分かりません。だから、読者が読みたいと思う記事さえ掲載されていれば、どんなにダサい外観でも読んでもらえる、ということです。(例外は、ファッション系やクリエイター系などセンスを売りにしているサイトくらい)

正直なところ、ブログのデザイン性というのはブロガー側の自己満足の世界です。
サイトが綺麗だから読者が増えるわけではない。。。
そのことを承知しつつも「デザインが素敵なほうが、書くモチベーションがUPする!」というのであれば、それは良いことだと思います。
難易度の高い美麗テーマを入手された方は、ぜひ自分のブログ愛を育むために活用してください。
だけど、どうしても設定が難しいなら、一旦、導入しやすいテーマに変更してみるほうが早いかもしれません。

コメント

  1. お世話になります
    WordPressの技術などを参考させてもらってます

    仰せの通り、なんだかんだいってcocoon一択になってしまいますね。
    アフィ向けのテーマはいくらかありますが、cocoonが一番しっくりくるし。

    うちのサイトもウクライナ戦争のあおりでサイバー攻撃をくらい、なんとか再建しなおしましたが、WordPressのバージョンも最新のものにしないといけなく、そのためテーマもずっと使っていたSimplicityから後継のcocoonに変えざるを得ませんでした

    • naochka
    • 2022.09.28 11:06pm

    ご無沙汰しております。お元気そうでなによりです。
    サイバー攻撃とは大変でしたね。。。
    でも、無事に再建できて本当によかったですね。WordPressは常に最新版にしておいた方が安全ですし、SimplicityからCocoonに乗り換えたのも非常に良い選択だと思います。これからもブログ更新頑張ってください。

CAPTCHA


naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. 第13回 Wall Street Journalを読む会:アメリカで実体経済と株価が乖離している理由とは?

  2. UAの二重計測問題の確認方法と解決策:UAとGA4を共存運用+All in One SEOで連携してる人は注意

  3. 初めてのWordPressテーマ選び、美麗デザインを購入するときは設定の難易度に気をつけて

  4. 第12回 Wall Street Journalを読む会:景気低迷でも失業者が少ない?謎現象のカギを握る国とは…

  5. WordPressでブログ始めたい人のために、収益系ブログと個人系ブログを比べてみた

次回のWSJ会開催@Peatix

アーカイブ

TOP