はじめてのサーバー選び!初心者がトラブルなしで運用できるレンタルサーバは?

WPビギナー

これからWordPressでブログに挑戦したい!という人が、一番最初に越えなければいけないのが「サーバー契約」の壁です。

そもそもWebサーバーって何?という話ですが、これは例えるならインターネット上の土地みたいなもので、個人でその土地を借りて、そこに自分の家(Webサイト)を建てる、という流れになります。だから、WordPressでブログをはじめる人は、どこかのレンタルサーバー屋さんと契約しなければなりません。

大手のレンタルサーバーで昔から有名なところとしては、「エックスサーバー」「さくらインターネット」「ロリポップ! 」等があります。
それぞれメリット・デメリットがあるので一概にどれがベストとは断言できません。ですが、はじめてのサーバ選びは、価格・スペック・WordPressのインストールしやすさ、などといった表面的な部分ではなく「実際に使ってみてどのくらいトラブルが少ないか」という実際の運用品質で選ぶのが一番です。

例えば、上記に挙げた3つのサーバ会社のWordPressに同じテーマ(SWELL等)を実装して全く同じ設定で稼働させたとき、正しい設定をしているにも関わらず、特定のサーバだけサイト表示がバグったりする事がありますが、これはサーバ側の設定品質によるところが大きいと感じます。
あと、サーバによってサイトの表示速度が全然ちがう、というのも見逃せません。これも体感しないと分からないのでビギナーの選択基準になりにくいですが、実際に運用してみるとストレスがだいぶ違います。

代表的なレンタルサーバーの料金比較

まずは、大手3社の代表的なレンタルサーバーを比較してみようと思います。とりあえず、いちばん気になる料金だけで比較してみました。なお、各社とも様々なプランがありますが、ここでは公平を期すため「WordPressが使える一番安いプラン」で比較してあります。

サーバプラン容量12ヶ月24ヶ月36ヶ月
ロリポップライト200GB¥3960
(¥330/月)
¥6600
(¥275/月)
¥7920
(¥220/月)
さくらスタンダード300GB¥5238
(¥437/月)
¥10312
(¥430/月)
¥15279
(¥425/月)
Xサーバスタンダード
(旧X10)
300GB¥13200
(¥1100/月)
¥25080
(¥1045/月)
¥35640
(¥990/月)
契約の際は、このほかに初期費用で数千円かかります

こうしてみると、ロリポップがダントツでコスパが高いことが分かります。そしてロリポップやさくらサーバに比べると、エックスサーバのほうは鼻血が出るくらい高く感じます。ただ、サーバを選ぶ条件は金額だけではないので、ぜひ最後まで読んでいただいて、ほんとうに自分の理想に合ったサーバを見つけてください。

ちなみに容量が200GBとか300GBとか書いてありますが、基本的にWordPressブログを1つ作っても、1GB使い切るほどの記事を書くのはなかなか大変です(=普通の人はたとえ100GBあっても使い切れません)。そういう意味で、どの会社も容量は十分すぎるほどあるので、ここはあまり気にしなくていいです。

大手サーバを使ってみた個人的な感想

私自身、これまで「エックスサーバー」「さくらインターネット」「ロリポップ! 」の3つのサーバー全部を契約した経験があります。なので、ここからは個人的な感想になりますが、運用品質で松竹梅をつけるなら、「エックスサーバー:松」「さくらインターネット:竹」「ロリポップ:梅」という印象です。

それぞれのサーバーで感じた特徴について独断と偏見で紹介します。

【梅】ロリポップ

  • https://lolipop.jp/
  • コスパでは最強!レンタルサーバー業界では最安値。
  • WordPress関連の設定もまあまあ簡単でよい。
  • 長い歴史と実績がある老舗サーバのひとつ。最も安価に運用するなら一番オススメ。
  • 稀なケースだが、運用時に謎トラブルが発生することあり。他サーバでは再現しない問題だったりすると解決のため技術的なハックが必要になることも。

【竹】さくらインターネット

  • https://rs.sakura.ad.jp/
  • コスパ良しで質実剛健。
  • 近年コントロールパネルを刷新して使いやすくなった。
  • 設定はオーソドックスで若干ステップ数多いが技術屋には嬉しい。(例:DBは自分で作る、階層構造も自分で管理する、など)
  • 最も歴史と実績ある老舗サーバ。きっちり安定稼働してくれて、トラブルはほぼない。
  • 長年Xサーバに比べると表示速度が遅かったが、2022年にサーバ機器を刷新し爆速化!どこにも負けない速さに生まれ変わった。

【松】エックスサーバー

  • https://www.xserver.ne.jp/
  • 最も高価だが、WordPress界隈では最も評判が良い。
  • なんと言っても表示速度が速い!設定もシンプルで簡単!初心者向き。
  • WordPress運用上のトラブルほぼなし!Xサーバで駄目なら他のサーバでも駄目と思ってよい。
  • たまにメンテナンス失敗してXサーバ全体が落ちる事件があるが、それでも文句を言われないくらい信頼されている。
  • 常にいろんなキャンペーンをやっていて、表示価格よりもお得に契約できることが多い。

それぞれのサーバーのおすすめポイント

。。。というわけで、個人的な結論でいうと、初心者であるほどエックスサーバを使うのが無難かなぁ、と思っております。本当にトラブルが少ないし、速度も速いので、契約して後悔することはないでしょう。それなりに料金は高いですが、見合う価値は十分あると思います。

一方、まあまあ技術的に知識がある人であれば、さくらインターネットを契約するのが最もコスパの高い選択になるかと思います。長年「さくらは遅い!」と言われ続けてましたが、2022年2月に新サーバが導入され、最大5倍の速度向上が見込まれるようになったので、速度だけの理由でエックスサーバを選ぶ必要はなくなりました。

ロリポップは、長年ずっと業界最安値を維持してくれているサーバーなので、個人的には応援しています。そこまで本格運用は求めてなくて「とりあえず動けばいい」という人もいるので、やはり、気軽な価格でWordPressが動かせるという選択肢はずっと残っていて欲しいです。たまに謎トラブルが起きたりもしますが、たいがいは素直に動いてくれるので、安さを考えたらお買い得だと思っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. はじめてのサーバー選び!初心者がトラブルなしで運用できるレンタルサーバは?

  2. 第11回 Wall Street Journalを読む会:日米欧に吹き荒れる「中央銀行はつらいよ」旋風

  3. 第10回 Wall Street Journalを読む会:こんなに市場が冷えても金融破綻が起きていない理由とは?

  4. [名刺デザイン] 旅するカレー:美味しさ伝えるショップカード (実物紹介)

  5. [WordPress] マルチサイトのセキュリティ②:All in One WP Securityの3つの基本対策

次回のWSJ会開催@Peatix

アーカイブ

TOP