WP保守契約(年間)

困った時にいつでもご相談いただけます

困った時にいつでもご相談いただけます

WordPress自体は非常に安定した運用ができるツールです。しかし、デザインや機能を拡張しながらカスタマイズ運用していくと、原因が分からない不具合に遭遇することもあります。簡単に解決できるものもあれば、何日もかかるトラブルもあって様々です。

そんなとき、いつでも気軽にご相談いただけるのが「WP保守契約」です。契約期間は1年間。1つのサイトにつき、月額11,000円(税込)相当で月に60分までWordPressに関するどんなお困りごとにも対応するお得なサービスです。SNSのチャット、電話、Zoomなど様々な方法でサポートさせていただきます。

すぐに解決できることであれば、その場でアドバイスいたします。原因究明に時間が必要なトラブルであれば、60分までは保守の範囲内で対応させていただき、それを超える分は1時間毎55,00円(税込)にて承ります。

年間保守契約

基本料金・その他:
・WP保守契約の料金は 1サイトにつき1年間 ¥132,000(税込) です。
・月60分まで保守対応します。それを超える分は¥5,500/hr(税込)で承ります。
・2つめ以降のサイトについては別途、保守契約していただく必要があります。
・一度もご相談がなかった月の翌月は30分繰り越しさせていただき、90分まで対応させていただきます。(運用トラブルがないほどお得になります。ただし、1ヶ月分を超える繰り越しはできません)

お申込みの流れ

①「お問い合わせ」フォームからお願いします。メッセージ本文に「WP保守契約(年間)」と書いて、以下をご記入ください。折返し、返信させていただきます。(念のためSMSで連絡することもあります)

WP保守契約(年間)希望
・お名前:
・メールアドレス:
・電話番号(SMS):
・対象となるWordPressサイト(URL):
・ご希望の連絡手段:SNS・電話・Zoom
・運用中のサイトについて簡単に教えてください:

②ご入金頂いた日が契約開始日となります。お困りごとが発生したときに、スクリーンショット等を添えて、なるべく詳しく経緯をお知らせください。なる早〜24時間以内に応答させていただきます。

③契約終了日の1ヶ月前に更新のお伺いをいたします。
・保守契約満了日前の解約はご遠慮ください。ご返金はいたしかねます。
・スポットでのサポートのみ必要な方は「WPなんでも相談室」をご利用ください。

naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. 第13回 Wall Street Journalを読む会:アメリカで実体経済と株価が乖離している理由とは?

  2. UAの二重計測問題の確認方法と解決策:UAとGA4を共存運用+All in One SEOで連携してる人は注意

  3. 初めてのWordPressテーマ選び、美麗デザインを購入するときは設定の難易度に気をつけて

  4. 第12回 Wall Street Journalを読む会:景気低迷でも失業者が少ない?謎現象のカギを握る国とは…

  5. WordPressでブログ始めたい人のために、収益系ブログと個人系ブログを比べてみた

次回のWSJ会開催@Peatix

アーカイブ

TOP