人生に繰り返し現れる「ブチ切れパターン」に気づいてしまった話

ヒトリゴト

40過ぎてから大きく見方が変わったことがあります。
それは、人生に繰り返し現れる不愉快なパターンに気づくことと、そのループから抜け出す方法が分かったこと。(例えば、なぜか転職するたびにパワハラ上司に当たるとか、世界中どこに行ってもカモにされるとか、人によってあるあるな困った現象のことだと思っていただければ。)

いやお前、気づくの遅すぎるだろって言われそうだけど、いいんですよ遅咲きでも。それに、繰り返しパターンといいながらも、登場人物とかシチュエーションとか毎回巧妙にシナリオを変えてやってくるので、気づけないことだって多いんじゃないかと思ったり。

ぶっちゃけ今でも複数の課題をループ中ではありますが、数年前にひとつ大きなループを抜けた顛末についてまとめてみます。。。

ニコニコから一転して鬼婆になる発作

前にもチラッと書いたとおり、離婚後の私は男性運がイマイチなタイプでした。どういうことかと言うと、ちょっと仲良くなったばかりマンにいきなり交際を迫られる、みたいな事件がまあまあ勃発。一見モテ期のようにも聞こえますが全然ちがくて、こいつならチョロいと思われていただけです。

で、ここからが自分でも全く無意識だったんですが、そうやって相手が不用意に一線を越えようとしてくると、「ぐぬぬ、私を安物扱いしたな!許さん!」という激しい怒りが湧き上がってきて態度豹変。それまでニコニコしてたのが一転して鬼婆となり、言葉の暴力でボコボコにせずにいられないという謎の発作もちでした。そうなると当然、相手はダメージくらって縁が切れることになります。

でも当時は「腹が立つのは相手の言動のせいだ」と頑なに信じていたので、毎度自分が同じパターンを繰り返しているなんて夢にも気づかなかったのでした。一悶着おこした相手と派手に絶好したあとで、ただひたすら運の悪さに文句タラタラ、友達に愚痴っていただけ。(みんな、そんなクソみたいな話を辛抱強く聞いてくれてありがとう)

サルでも分かる頻度で事件勃発

自分の認識に転機が訪れたのは、あるとき立て続けに2つの事件が勃発したことでした。

ひとつめの事件は、地位も名誉もある大物マン。たびたび打ち合わせと称して呼び出される→まいど夜遅くまで散歩、という謎展開になりました。しかし、貸し借りの問題で相手が些細なヘマをやらかしたせいで、私の怒り爆発!めちゃくちゃ噛み付いてしまったんですが、この時、相手の過失に対するこちらの怒りの激しさがあまりにも釣り合わない事にふと気づいて「あれ?」となりました。一瞬だけど。

もうひとつの事件は同世代の独身マン。2回ほどグループで遊んだだけなのになぜか突然ノーアポで私の部屋を訪ねて来るという恐怖の事態に発展(だってドア開けたら最後、腕力じゃ勝てないからね?)。憤怒にまかせて全力で罵声を浴びせて追い返すことに成功したものの、あまりに酷いボコり方ゆえに相手のほうがダメージ深かったのではないかと思われ。。。
だって私は被害者だよ?どうみてもこれは正当防衛だよ?私間違ってないよね!!(゚Д゚)

あまりにも立て続けだったので怒りおさまらず、この2案件の顛末を友達に愚痴っていたある日、
「あれ?この事件、両方ともなんか似てない?」
「もしかして私、いつも同じパターンで必要以上に怒ってたりする?なんで?」
という類似性に気づいてしまったのでした。え?うそ?あれ?

それまで相手が悪い(=自分は悪くない)と信じていたのに、突然「この過剰な怒り、おかしくね?もしかして私のほうに激怒したい欲求がある?」という疑問が心の中に芽生えたせいで大混乱。

もしかして自分がトラブルを望んでいた?

しかもそのせいで、絶対に知りたくなかったことに気づいてしまいました。
いままでは一見、男性側が私を怒らせる原因であるように見えていたけど、実は内心、男性に対するどうしようもない怒り(離婚由来)を秘めていたのは私のほうで、その怒りを表明できるような状況を無意識のうちに望んでいたのではないかという。。。

えええええーーーー!!!
腹立つメンズに現れて欲しいと心の底で願っていたのは、じつは私だったの??じゃあまさか、私が長年嘆いていた男運の悪さも、じつは自分の望み通りだったというわけ??いやいや、そんなはずはないでしょう。。。私は悪くないよ。。。でも。。。
不用意に接近する男性に対して、いつも唐突な怒りで戦闘モードになってたのはなぜだと言われると。。。orz

離婚した後ずっと抱えてきた「ぶっ殺したる」レベルの途方も無い怒り、それを表明したい欲求がたしかに自分の中にありました。それに照らしてみると、これまでメンズとのあいだで繰り広げてきた様々な腹立つエピソードすべての辻褄が合うんですよーー。うわあ、どうしよーーーーorz
まさか、怒りで八つ裂きにするためのスケープゴートを求めていたのが自分だったなんて。
それ、壮絶な八つ当たりじゃん。大迷惑じゃん。
しかも日頃ニコニコご機嫌そうに振る舞ってるだけに、豹変ぶりが一層タチ悪いわ!!Σ(゚Д゚lll)

いちど気づいて、方向転換できれば卒業

私のメンズ全般に対する心理的なデバッグ作業は、そこから始まりました。
たとえば、自分が職場の男性に対して頻繁に怒っていることに気づいたり、実家で父親と対立する事が多いことに気づいたり。でもそんな時、その怒りにどれほど正当性があるのか、徐々に考え直すようになったのです。もちろん、すぐに噛み付くのをやめることはできなかったけど、以前よりマイルドな対応ができることも増えてきました。

その結果、何年かかけてだんだんと身近な人間関係が改善されていったのは言うまでもありません。
そして、そんなある日、ついに期末試験のような出来事がやってきたという。

結論からいうと、とある新人男性に「私がめちゃくちゃ激怒するツボを全部盛りで押される」みたいな出来事があったわけです。それも、過去最高レベルにナメられた感じで。(゚皿゚メ)

けど、人生の不愉快な繰り返しパターンって、こっちが同じ対応をし続ける限り何度でもリピート再生されるんですよね。もしこの期末マンをボコボコにしたところで、また別の困ったマンが現れるだけの無限ループなのは分かってたので。。。もう、こんなクソゲーはこの回で終わりにしたいと心底思いました。

でもそれには、怒り以外の建設的なやり方で対処しなくちゃいけません。だから、この時はじめて相手に噛み付くことなく、絶交することもなく、冷静に距離を置くところまで持っていったのでした。うん、やっと言葉の暴力なしで解決できたよー(T_T)

それでこの課題シリーズは全部終わり。やっと卒業です。地味だけどね。
今まで幾度となく繰り返してきたパターンだったけど、私にはもう二度と、この手のメンズ問題は起きないでしょう。長い間ずっと同じ課題で引っかかって先に進めなかったけど、やっと次に行けるようになった。ありがたや。

まあ、これはさすがに極端な例だと思うけど、誰でも不愉快な繰り返しパターンというのはある程度あるんではないかと思います。たぶんそれが当人にとっての課題なんじゃないかな〜と。それが必要な間は好きなだけ同じことを繰り返す事もできるし、飽きたらやめて次に行くこともできるし。

ちなみに、攻撃・絶交みたいな愛のない選択全般がコンティニューボタンに相当します。
ほんとゲームみたいなものですね。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 「ひとりごと」ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします♪

コメント

    • かわうそ
    • 2022.02.15 5:11pm

    うわ~~~あるある、共感しすぎてまるで自分事の様で心が違った意味で八つ裂きになりました。
    よくこのロジックに気が付かれましたね!スゴイ
    私はなおチカさんのブログを読んで改めて自分と向き合う事が出来ましたヨ~気付きを頂けてありがたや🙏

    振り返ると私も何回もコンティニューボタン押しまくりで、ホント似た様な出来事が・・・
    お別れ?縁が遠くなった友達ってみんな私の遠慮していて自分を発散したい欲求を
    満たす為に現れてくれていて、私の発散したいスイッチが入った途端私からいなくなり突然サヨウナラ~していたな~と。(最悪)
    だからホントの心の友と言える存在がいないのかと、納得。

    死を迎えるまで自分の感情の謎解きゲームが続くなんて人間奥深い!!!

      • naochka
      • 2022.02.18 6:09pm

      かわうそさーん、ややこしい話わかって貰えてうれしいです〜(TДT)
      そう、なんかしらんけどこーゆーのって毎回もれなく偶然起こってるように見えるのがアレですよね。表向きはハッピーを望んでいるつもりでも、じつは心の奥底でイヤな出来事を密かに望んでるという矛盾したケースは多々あるような気がしております。。。(そして当然、心の底で思ってるほうが優先されるというw)

      >死を迎えるまで自分の感情の謎解きゲームが続くなんて人間奥深い!!!

      同感です。我々にできる価値あることは、この謎解き&ステージクリアではないかと。
      そのへんについての雑感もいつか書いてみようと思います☆

CAPTCHA


naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. 第10回 Wall Street Journalを読む会:こんなに市場が冷えても金融破綻が起きていない理由とは?

  2. [名刺デザイン] 旅するカレー:美味しさ伝えるショップカード (実物紹介)

  3. [WordPress] マルチサイトのセキュリティ②:All in One WP Securityの3つの基本対策

  4. [WordPress] マルチサイトのセキュリティ①:reCaptcha v3でボット(スパム)対策

  5. Google Analytics(GA4)でQRコードからのアクセスを計測する方法

次回のWSJ会開催@Peatix

カテゴリー

アーカイブ

TOP