MacBookのキートップが突然はがれた!でも大丈夫、自力で簡単に修理できます

技術メモ

3/14。

先月ごろ、メイン機のMacBook Proで普通にタイピングしてたらいきなり「K」のキートップが外れて脱落!びっくりでした。MacBookはちょうど3年目で、日頃からそんなに力いっぱい打鍵してるわけでもなく、モバイル使いもしてないし、まったく酷使してるうちに入らないと思ってたんですけどね。。。

すぐに修理に持っていきたかったけど、時はコロナ第六波全盛期。家庭の事情で都心へは外出禁止だったため、主なアップルストアにはいけません。とりあえずキートップの裏側の4箇所の爪をはめ戻せばキーボードは使えるので、だましだまし使い続けることにしました。しかし、タイピング中にしょっちゅうキートップが外れて入力中断する羽目になり、まあまあ大変な毎日だったという。

ある日とつぜん剥がれ落ちてしまったキートップ

Apple Store立川店を予約

いろいろネットで調べたら「Apple Storeを予約すればその場でキートップ交換してくれる」とか「MacBook Pro キーボード修理プログラムで無償修理になる」みたいな過去記事をあちこちで見かけたので、せめて外出さえできれば日帰りでなんとかなる!と信じていた私。

。。。てことは、都心行きがNGなら郊外のApple Storeに行けばいいじゃん!という天才的な思いつきで、Apple Store立川店での修理予約をしたのでした。頭いい。

Apple Store修理予約の手続き (2022版)

①Appleサポートにアクセスし、サインインする。https://getsupport.apple.com/
②「自分の製品を見る>製品を選択」をクリック。→自分が所有しているデバイスが全て表示される。MacBookを選ぶ。
③どんな問題でお困りですか?→キートップ剥がれなので「物理的な損傷/液体による損傷」を選択。
④トピックを選択してください→キーボード/マウス/トラックパッドの問題→「続ける」ボタンを押す
⑤解決策「持ち込み修理>ストアを検索」をクリック。
⑥うちは東京なので「ご来店予約」の画面では都心のAppleストアばかり表示される。
→その他の店を探すには:よく見ると小さなエリア表示のリンクがあり、クリックするとエリア変更できる。「場所を指定して検索」で多摩方面の郵便番号を入力。
⑦すると、「クイックガレージ立川」などが選べるようになる。→空いてる時間帯を選択して予約する。→予約完了メール届く。

あとは当日、立川までMacBookを持って行けば万事解決すると思ってました。

でも予約の数日前、なにか胸騒ぎがしたのでいちおうお店に電話をして問い合わせてみたんです。「あのーキートップ交換ってその場で終わりますか?」「いえ、在庫がないのでお預かり修理になります」「え!預かりになっちゃうんですか!期間はどのくらい。。。?」「1週間程度ですね。あと事前にデータはバックアップしておいてください。」Σ(゚Д゚lll)

ええええええ!これメインマシンなのに!キートップ交換だけのために1週間も使えなくなるのは困る!しかもデータのバックアップ促されるって、一体どんな大手術!?いやーまいった、ちょっと考えさせてください。予約キャンセルします。申し訳ない。

Apple Store新宿店なら行けるか?

せっかく立川店の予約をしたのに入院にビビってキャンセルしてしまった。。。
やっぱり郊外店は在庫がないかぁ。残念。

でも過去記事でたしかApple Store新宿店だったかではその場でキートップ交換して貰えたという話があったので、やっぱり都心のお店を予約しないと日帰り交換は無理なのかな。。。今ならコロナも減少傾向だし家族を説得して新宿店に行ってみるか。。。

と思ったけど、やっぱり嫌な予感がしたので新宿店にも電話確認します。
「あのー新宿店ではキートップ交換ってその場で終わりますか?」「いえ、キートップ交換であってもお預かり修理になります」「あー、都心のお店でも在庫はないって事なんですね。。。」
新宿店もアウトか。。。そんな気はしてた。。。orz

つまり、数年前まではたしかにApple Storeでキートップを無償交換して貰えるような時期もあったかも知れないけど、2022年現在は「キートップ交換でもお預かり修理一択」ということのようです。

でも私が見る限り、キートップなんてパチっと付け替えるだけなのに、なぜそんな大変なことに?まあ、百歩譲って1週間入院させるのはいいとしても、戻って来る時に「キートップ交換のついでにデータも綺麗に消えました」とか言われたらたぶん立ち直れません。。。(さすがにそれは無いと思うけど。でも事前にバックアップ取れってことは、そういう可能性がゼロではないって意味だもんね…)

アロンアルファで自力修理を考える

とにかくApple Storeで持ち込み修理すると1週間メインマシンが使えなくなる、というのにどうしても抵抗あり。まあ、ディスプレイ割れたとか起動しなくなったみたいな重篤な症状だったら「入院やむなし」と思えるけど、キートップ交換くらいの事でそこまで大騒ぎしたくないのです。

ちなみに私の使っているMacBook Proはバタフライキーボードという構造で、薄型などいろいろ利点もあったものの、めちゃくちゃ壊れやすかったためにアメリカでは訴訟に発展するほど不評だったと知りました。(そのため現行モデルでは廃止されているそうです)。なるほど、同じモデルのMacBookユーザでも、ある日とつぜん入力できなくなるような悲劇に見舞われた人々が大勢いたのね。私はキートップ程度で済んでラッキーだったのかな。

そのようなことを色々調べている流れで、同じ症状で困っておられた猛者の方が「アロンアルファでMacBookのキートップを自力修理した」と仰っている記事を見かけて「これだーーー!!!」と思った私は、速攻で近所のホームセンターに行って「アロンアルフア EXTRA 耐衝撃」をゲットしてきました。¥415なり。

耐衝撃アロンアルファを買って、準備万端(のはず)

ちなみに、剥がれたキートップは毎日のように自分ではめ直しているので、キートップ裏の爪の構造は把握しています。私の計画では、「上側の2つの爪の内側に、つまようじで少量のアロンアルファを塗布して、そっとキーに被せて圧着させる」という手順でなんとかなる予定でした。とはいえ、アロンアルファの量が多すぎて、下のバタフライクリップの下に垂れてしまうような事故をおこすと、永久に打鍵できなくなるリスクもあり。怖いな〜。。。
(なお、バタフライ型のキートップの取り付け構造についてはこちらの記事が非常に詳しいです)

キーの爪が摩耗してるのが脱落原因なので、ここを接着すれば…?

リスクを取って一発勝負に出るかどうか、ちょっと頭冷やして考えよう。。。

ヤフオクでキートップのバラ売り発見!

エイヤでアロンアルファを実行する前に、一応ほかの手段も当たってみることにしました。
その一環として、最近ぜんぜん使わなくなったヤフオクで「Macbook キートップ」で検索してみたら、あれ?なにこれ?未使用のキートップ、バラ売りされてるやん。。。!(゚Д゚) これ欲すい。。。

いやいや、どうせMacBookのモデルが合わないとか欲しいキーは売切れだとか、そういう残念なオチでしょ?と斜に構えながらよくよく説明を読んでみると、ドンピシャでモデル番号一致。欲しいキーもしっかり在庫アリでした。しかも未使用ときてます。早いもの勝ちではあるけど、欲しいキーを自己申告すれば送って貰える仕組みでした。

ヤフオクも何年も使ってなかったので「プレミアム会員にならないと落札できない」と思い込んでいましたが、それは脳内情報が古すぎたようで、2018年から誰でも自由に落札できる方式に変わっていたんですね。浦島太郎の気分です。しかも、しばらく見ない間にヤフオクのインターフェースがだいぶ改善されてて、めちゃくちゃ落札しやすくなってる!

てことは、試すならこっちのが先だよね?つまり、①先にヤフオクでキートップを落札して自力交換を試してみて、②それでもダメならアロンアルファ、という順序のほうがいいよね?

新品キートップ届く→即復旧!

善は急げですぐにキートップを落札。するとわずか2日後に封書で届きました。はやっ!

左が新品のキートップ、右が脱落したキートップ

プチプチに包まれた新品のキートップを取り出し、むき出しのバタフライクリップにいつもの要領で被せて、爪が噛むようにそっと押し込みます。するとカチッと音がして、無事に装着完了!!
やったー!やったー!やったー!3秒で直った〜〜〜!!!(≧∀≦)

一瞬で治りました。新品のキーだけテカリがない(笑)

要するに、単なる爪の摩耗でキートップが外れるようなトラブルは、新品のキートップさえ入手できれば一瞬で解決するってことでした。。。Apple Storeに1週間預けなければ治らないほど致命的な問題ではないということです。お陰様で、入院レスで無事になんとかなりました。

最初からこのことを知っていれば、打鍵中にペコペコ剥がれるキートップで1.5ヶ月も我慢する必要なかったんだなぁ。。。Apple Storeに行って入院させなければ修理して貰えない、という思い込みがいたずらに不便な期間を長引かせていたように思います。

今なら断言できるけど、もしMacBookでキートップ剥がれたら、なんとかして同じモデルの健全なキートップを入手することに注力したほうが早いです!!ぶっちゃけキートップのバラ売りがなくても、ジャンク品のキーボードまるごと入手して部品取りにするとか、やり方はいろいろあると思います。(キーの外し方・付け方はこちらの記事がおすすめ。バタフライ機構ごと交換する場合はこちらの動画も併せてどうぞ)

MacBookのキートップが脱落してお困りの方はぜひお試しを。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 「ひとりごと」ランキング参加中です。ポチッと応援お願いします♪

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


naochka

長年IT業界でWeb+デザインをやってました。いまはWordPress中心です。やや技術的な話が多いですが、なぜか世界中あちこち放浪してた関係でたまに想い出を綴ってたりもします。 Wall Street Journalを読む会の英語ナビゲーターやってます。(実は帰国子女)

最近の記事

  1. 第13回 Wall Street Journalを読む会:アメリカで実体経済と株価が乖離している理由とは?

  2. UAの二重計測問題の確認方法と解決策:UAとGA4を共存運用+All in One SEOで連携してる人は注意

  3. 初めてのWordPressテーマ選び、美麗デザインを購入するときは設定の難易度に気をつけて

  4. 第12回 Wall Street Journalを読む会:景気低迷でも失業者が少ない?謎現象のカギを握る国とは…

  5. WordPressでブログ始めたい人のために、収益系ブログと個人系ブログを比べてみた

次回のWSJ会開催@Peatix

アーカイブ

TOP